なんかいくらし

和歌山のインスタ映えスポットは?絶景・神社・カフェ・海・などを解説

記事
なんかいくらし編集部
なんかいくらし編集部
watch 2024.1.15

和歌山はインスタ映えスポットがたくさん

和歌山県には、インスタグラムで映える素晴らしいスポットがたくさんあります。海岸線の絶景から歴史ある神社仏閣、隠れたカフェまで、訪れる人々を魅了し続ける場所が目白押し。この記事では、そんな和歌山の中でも特におしゃれで、写真映えするスポットを【海・崖・絶景・自然編】【神社・寺院編】【カフェ・グルメ・スイーツ編】にわけてご紹介します。旅行の計画を立てる際や、次の休日のお出かけ先として、ぜひこのリストを参考にしてみてください。

和歌山のインスタ映えスポット【海・崖・絶景・自然編】

まるでジブリの世界「友ヶ島」

友ヶ島は、和歌山県に浮かぶ小さな島で、その神秘的な風景が訪れる人々を魅了してやみません。かつては要塞として栄え、今もその歴史を色濃く残す遺構が点在しています。

自然豊かなこの島は、歴史と自然が見事に融合した絶景の宝庫。島内を散策すればたくさんのインスタ映えスポットと出会えるはずです。

友ヶ島までのアクセスは、南海「加太駅」から徒歩約15分の加太港から友ケ島汽船で約20分、沖ノ島野奈浦港下船すぐです。

落差日本一の名瀑「那智の滝」

那智の滝は、和歌山県にある日本の滝百選に選出された壮大な自然の造形物。落差133メートルから流れ落ちる水の迫力は、訪れる人々を圧倒します。

四季折々の表情を見せるこの滝は、特に紅葉の季節には色とりどりの木々とのコントラストが美しく、インスタ映えする写真を撮るのに最適なスポットです。

熊野本宮大社への参拝の際にも立ち寄りやすく、神秘的な雰囲気を感じさせるパワースポットとしても知られています。

那智の滝へのアクセスはJR「紀伊勝浦駅」から熊野御坊南海バス那智駅経由那智山行きで約27分、バス停:那智の滝前下車、徒歩約5分です。

40もの岩柱が海に立ち並ぶ「橋杭岩」

橋杭岩は、和歌山県にあるまさに自然が生み出した芸術品。海面から垂直にそびえ立つ岩柱群は、まるで海神の橋のように見え、訪れる人々を魅了します。

夕日に照らされた橋杭岩のシルエットは、特にインスタ映えすると評判で、多くの写真愛好家がその一瞬を捉えようと訪れます。

橋杭岩へのアクセスはJR「串本駅」から串本町コミュニティバス佐部・上田原線で約4分、バス停:橋杭岩下車、徒歩すぐです。

異国のような綺麗なビーチ「白良浜」

白良浜は、和歌山県にある絵画のような美しさを誇るビーチです。

目を引く白い砂浜が広がり、ここで撮影した写真をインスタグラムにアップすれば「いいね!」を押さずにはいられないはず。

南国ムード満点で和歌山マリーナシティや道の駅白崎海洋公園といった近隣の人気スポットと合わせて、観光客でにぎわうエリアです。

特に夏のシーズンには、那智海水浴場ブルービーチ那智のような青い海と白良浜の白い砂浜のコントラストが映えること間違いなし。

白良浜へのアクセスはJR「白浜駅」から明光バス新湯崎・三段壁行きで約15分、バス停:白良浜下車、徒歩すぐ。または同行きで約12分、バス停:白浜バスセンター下車、徒歩約3分です。

夕日と岩の相性が抜群「千畳敷」

千畳敷は、その名の通り千枚の畳が敷き詰められたような広大な岩場で、迫力満点。

太平洋を背景にした岩場は、特に日の出や日没時には幻想的な光を放ち、フォトジェニックな一枚を求めるインスタ映え間違いなしスポットです。

千畳敷へのアクセスはJR「白浜駅」から明光バス三段壁行きで約21分、バス停:千畳口下車、徒歩約5分です。

日本の夕日100選「円月島」

円月島(高嶋)は、その名の通り月が浮かんでいるかのような独特な形状の奇岩で、9mほどの侵食された穴が空いています。ここに夕日がぴったりと重なる、自然の生み出すアートは、写真愛好家にも非常に人気です。

春分と秋分に沈む夕陽がぴったり重なるのですが、もし奇跡の瞬間を収めることができたら、最高の映え写真になることでしょう。

円月島へのアクセスはJR「白浜駅」から明光バス町内循環線臨海経由で約17分、バス停:臨海下車、徒歩すぐです。

約2億5000万年前にできた石灰岩に圧巻「白崎海洋公園」

白い石灰の岩礁が氷山のように見える、白崎海岸の先端にある白崎海洋公園。

白い石灰岩に取り囲まれた広大な敷地で、その美しさは万葉集に詠まれ、さらに「日本夕日百選」や「日本渚百選」にも認められています。

展望台からは、その美しい風景を一望することができますので、ぜひ映え写真に収めてみてください。

白崎海洋公園へのアクセスはJR紀勢本線「紀伊由良駅」下車、白崎海洋公園までバスで30分です。
※バスは土・日・祝のみ運行

和歌山のウユニ塩湖として大注目「天神崎」

田辺湾の北側に突き出た岬で、太平洋の壮大な景色を一望できます。また引き潮時で潮位が150~140cm程度になると岩礁の水が反射して、まるでウユニ塩湖にいるかのよう。

実際にインスタグラムを見てみると、たくさんの方がきれいな写真を投稿されています。

誰もが“一度は観たい絶景”として知られているウユニ塩湖さながらの天空の鏡を天神崎で体験してみてください。

天神崎へのアクセスはJR「紀伊田辺駅」から龍神バスみなべ線で、バス停:明洋前下車、徒歩約15分です。

一面に輝く黄金の草原「生石高原」

紀美野町と有田川町にまたがる生石高原は、ススキ野原が有名で、関西随一と言われるほどです。

標高870mにそびえる山上には、緩やかな斜面に広がる草原が広がっています。特におすすめなのが、秋に草原が陽光に照らされ、まるで黄金の大海原のように輝く景色。誰もが一度見たらうっとりしてしまうでしょう。

山上からは、360度の広大なパノラマが広がり、六甲や淡路、四国まで一望できます。

生石高原へのアクセスは有田IC・有田南ICから車で約45分です。

和歌山のインスタ映えスポット【神社・寺院編】

和歌山最強のパワースポット「高野山 奥之院」

奥之院は高野山の信仰の中心地。壇上伽藍とともに、弘法大師が入定した聖地です。

一の橋から御廟まで続く約2キロメートルの参道には、20万基以上に及ぶ諸大名の墓石や祈念碑、慰霊碑が立ち並び、樹齢千年に及ぶ杉木立がその間に広がっています。

写真に収めたいパワー溢れるスポットが点在していますが、奥之院の参道の途中にある「御廟橋」より先は、弘法大使御廟エリアになり、撮影、飲食など一切禁止です。 「御廟橋」までの撮影にしましょう。

高野山 奥之院へのアクセスは南海電鉄 高野山ケーブルカー「高野山駅」から南海りんかんバス奥の院前行きで約14分、バス停:一の橋口下車、参道を徒歩約40分。または南海りんかんバス奥の院前行きで約21分、バス停:奥の院前下車、参道を徒歩約20分です。

全国3000社ある熊野神社の総本宮「熊野本宮大社」

熊野三山の一つである「熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)」は、熊野古道を巡る際に中心的な役割を果たしています。祭神は「家津美御子大神(スサノオノミコト)」であり、この神社は平安時代から何度も皇族や貴族、さらには上皇までが参拝した歴史ある場所です。

熊野川の氾濫に何度も見舞われ、明治時代には現在の場所に移築されました。また、「八咫烏(やたがらす)」は熊野三山の「導きの神鳥」として崇拝され、日本サッカー協会のシンボルともなっています。

本殿は残念ながら撮影が禁止されていますが、本殿以外の撮影スポットも充実しています。本殿への階段などが特におすすめです。

熊野本宮大社へのアクセスはJR「新宮駅」から熊野御坊南海バス本宮大社行きで約1時間、バス停:本宮大社前下車、徒歩すぐ。またはJR「紀伊田辺駅」から明光バス・龍神バス本宮大社方面行きで約2時間、バス停:本宮大社前下車、徒歩すぐ。または南紀白浜空港から直通バスで約2時間20分です。

約600本!関西一の早咲きの桜の名所「紀三井寺」

桜のシーズンでインスタ映え間違いないのが​​紀三井寺。境内には約600本の桜の木が植えられており、関西一の早咲きの桜の名所として有名です。

日没後のライトアップもあり、桜越しの「和歌浦湾」を日中に見て、ライトアップの夜桜を見て、二度違った景色を楽しむことができるでしょう。

春の訪れを感じる特別な時を、一足先に紀三井寺での花見を写真に収めてみてください。

紀三井寺へのアクセスは南海電鉄「和歌山市駅」より和歌山バス海南方面行き乗車
紀三井寺バス停下車。徒歩10分

JR「紀三井寺駅」から徒歩約12分。

和歌浦湾を見守る学問の神様「和歌浦天満宮」

和歌山市に位置する和歌浦天満宮は、和歌浦湾を見守るように佇み、学問の神様である菅原道真を祀っています。この神社は、日本の三菅廟の1つであり、他には太宰府天満宮、北野天満宮が挙げられます。

楼門までの階段は迫力満点で、その石段に手すりを握りながら登ると、その重厚な雰囲気に圧倒されることでしょう。

そしてこの階段を登りきった先には素晴らしい景色が広がっています。しんどい階段を乗り越えたことで感じるその光景は、一段と素晴らしいものになるでしょう。その瞬間を記念に、一枚写真を撮れば、映え写真だけでなく、ご利益もきっとあるはず。

和歌浦天満宮までのアクセスは南海電鉄「和歌山市駅」からバスで20分、もしくはJR「和歌山駅」から和歌山バス雑賀崎循環または新和歌浦行きで約25分、バス停:権現前下車、徒歩約5分です。

名勝の庭園が有名な「粉河寺」

和歌山県紀の川市に位置する粉河寺は、粉河観音宗(天台宗系)のお寺で、県内最大級の本堂(重要文化財)や庭園(国指定名勝)が見どころとなっています。

特に粉河寺の本堂へ続く石段の脇にある、土留めの石垣から巨石によって組まれた庭園は非常にユニークです。石組の隙間にサツキやソテツが植えられ、国指定名勝としてその特異な雰囲気を醸し出しています。

様々な角度から庭園を撮影しながら、ベストショットを見つけてみてください。

粉河寺へのアクセスは、
【電車でお越しの場合】
JR和歌山線粉河駅下車 門前町徒歩15分

和歌山のインスタ映えスポット【カフェ・グルメ・スイーツ編】

映えはもちろん味も格別!「ギャートル」

ランチで映え写真を狙うなら、和歌山人気の肉スペインバル「ギャートル」がおすすめ。南米料理を中心に、イタリアンやフレンチを融合させた創作料理の数々がインパクト大です。

満席や売り切れなどもあるので、行かれる際には事前に予約しておくのが安心でしょう。

ギャートルへのアクセスは南海電鉄「和歌山市駅」直結 「キーノ和歌山」内です。

食べるのがもったいないFlowerカップケーキが大人気「Blue Moon -Flower & cafe-」

お花屋さんとカフェが融合した映え写真の条件をバッチリ満たした素敵なお店が「Blue Moon -Flower & cafe-」です。

可愛らしいカップケーキやホットサンドなど、軽食が楽しめます。2階のカフェエリアは注文と精算を終えてから利用するスタイルです。花束が立てられた花瓶を席に置くなど、花屋さんらしい工夫も見逃せません。

「Blue Moon -Flower & cafe-」へのアクセスは南海電気鉄道各線・JR紀勢本線「和歌山市駅」より徒歩約18分、バス:和歌山バス各線「和歌山城前」より徒歩約2分です。

テラスから湯浅湾や街並みが見渡せる絶景レストラン「テスティモーネ」

和歌山県有田市に位置する「テスティモーネ」は、みかん海道の山頂から広がる無限の空と海を一望でき、新鮮な地元食材を味わえるイタリアンレストランです。

お店は山の頂上に位置し、360度のパノラマからは海、山々、そして有田市の美しい街並みが広がります。

店に向かう途中では「みかん海道」と呼ばれる絶景のドライブコースを楽しむことができます。

「テスティモーネ」へのアクセスはJR「箕島駅」から車で約10分。大阪方面から阪和自動車道・海南IC→R42を南へ約20分です。

トルコランプに囲まれた異国情緒あふれるカフェ「紬カフェ」

「紬カフェ」は一面に広がるトルコランプや雑貨に囲まれたコンセプトカフェ。

扉を開ける瞬間、まるでイスタンブールのランプ屋さんに迷い込んだかのような幻想的な空間が広がります。

女性用はもちろん、子供用や男性用のトルコ衣装も無料で試着できるので映え写真をとるにはもってこいですよね。

また予約不要で楽しめるオリジナルアクセサリー制作体験は約半数の方が希望される大人気のコンテンツです。

もちろん料理も評価が高く、名物は何と言っても”ケバブライス”。オーナーがトルコで食べ歩き、5年間をかけて日本人の好みに合わせて開発したケバブは、一番人気のメニューです。

紬カフェへのアクセスはJR白浜駅より車で15分、JR「白浜駅」よりバスで15分 三段壁付近です。

まとめ

和歌山の中でも特におしゃれで、写真映えするスポット18カ所を厳選してご紹介しました。

改めて振り返ってみると、和歌山県にはインスタグラムで映える素晴らしいスポットがたくさんありますよね。

和歌山に旅行に行かれる際には、ぜひこのリストを参考にしていただけたら幸いです。

関連の記事

  • ○

    OMO関西空港(おも) by 星野リゾートに宿泊!!

  • ○

    河内長野の子育て環境を知ろう!河内長野市役所の方にインタビューしてみました

  • ○

    「OMO関西空港(おも) by 星野リゾート」の夕朝食付き宿泊券プレゼ...

  • この記事のクリエイター

    なんかいくらし編集部
    なんかいくらし編集部

    「なんかいくらし」編集部です。 南大阪・和歌山を中心とした南海沿線のお出かけスポット、子育て情報、観光、ランチスポットなど、暮らしのお役立ち情報を発信していきます!

    「なんかいくらし」編集部です。 南大阪・和歌山を中心とした南海沿線のお出かけスポット、子育て情報、観光、ランチスポットなど、暮らしのお役立ち情報を発信していきます!