なんかいくらし

南海沿線の自然が多い環境で暮らす魅力を調べてみた

記事
なんかいくらし編集部
なんかいくらし編集部
watch 2022.12.5

大阪府内でも自然豊かな環境が多い南海沿線。近年のリモートワークの普及などにより、都心よりも自然豊かな場所で暮らしたいという方も増えているのではないでしょうか。

そこで大阪府内でも自然豊かな南海沿線で「特に自然を感じられる場所」について調べてみました。

大阪府内で自然と暮らす生活を検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

堺市の広大な公園「大泉緑地」

目的ごとにエリアが分かれており、花壇、大泉池、大芝生広場、わんぱくランド、海遊ランド、冒険ランド、桜広場、大芝生広場、野球場、テニスコート、スポーツ広場、球技広場、バーベキュー場、というように、公園にあってほしい施設のすべてが揃っています。

南海沿線でも、もっとも広い公園が堺市にある「大泉緑地」です。なんとその広さは101.5万㎡。

近くに住めば1年中、外遊びに困ることはないでしょう。

「大泉緑地」へのアクセス

南海高野線「三国ヶ丘駅」から南海バス「北区役所前」下車東へ約650m。
南海高野線「堺東駅」から南海バス「金岡口」下車東へ約700m。

「大泉緑地」の周辺情報

三国ヶ丘駅の西側に位置する「仁徳陵古墳」は国内最大の前方後円墳です。エジプト・クフ王のピラミッドと、中国・秦の始皇帝陵とともに世界三大陵墓と呼ばれています。

住みやすさでいうと、JRや地下鉄の駅も近く、国道も近いのでアクセスは良好。駅の近くにはショッピングセンターもあり、利便性は良さそうです。

泉佐野市の海に面するロケーション「りんくう公園」

泉佐野市の中でも休日にはもっとも人が集まるスポットの1つでもある「りんくう公園」。その魅力はなんといっても、海に面するロケーションでしょう。海に沈む夕陽や、関西国際空港から大空に飛び立つ飛行機を眺めるだけで小さなお子さんは大喜び間違いなし。

また近くには、巨大なアスレチックスペースや、カフェテラス、バーベキュー場、グランピングエリアなどもあり、どんな年代の方でも楽しめる公園です。

近くに住めば、お子さんが大きくなるまで、さまざまな思い出作りに役立つことでしょう。

「りんくう公園」へのアクセス

南海空港線「りんくうタウン駅」から徒歩約6分。

「りんくう公園」の周辺情報

駅直結で「りんくうプレジャータウン シークル」などのショッピングモールやアウトレットモールがあります。そのため、買い物好きな人にもおすすめのエリアです。

また駅周辺にスーパーはありますし、家電量販店やホテル、温泉などもあり、住みやすさは言うことなしでしょう。

河内長野市の川のせせらぎが心地よい「光滝寺キャンプ場」

大阪市内から車で1時間半ほどで行ける「光滝寺(こうたきじ)キャンプ場」をご存知でしょうか?大阪府河内長野市の市街地から車で30分ほどの場所にも関わらず、川遊びや森林浴が堪能できる自然豊かなキャンプ場です。駅からは距離がありますが、その分、身体全身で自然を満喫できる、アウトドア好きにはたまらないエリアでしょう。

近くを流れる小川は、水深が浅く、流れも緩やかなところが多いです。また水も非常にきれいなので、お子さんにも安心して遊ばせられます。

川をせき止めて深いプールにしているところもあるので、ガッツリ楽しみたい方にも満足いただけるでしょう。

南海沿線でも特に自然豊かなこのエリアで、のびのびと子育てを楽しみませんか?

「光滝寺キャンプ場」へのアクセス

南海高野線「河内長野駅」より南海バスもしくは日野・滝畑コミュニティーバスに乗り「滝畑ダム」で下車。
バス停からキャンプ場までは徒歩で約30分。

「光滝寺キャンプ場」の周辺情報

光滝寺キャンプ場の周辺には住宅は少ないですが、最寄りの駅である南海高野線「河内長野駅」は、駅前に商業施設や、スーパーや書店、衣類・雑貨、ドラッグストアなどの入居した駅ビル商店街があります。

家賃相場も、1LDKで6万円台。都心まで電車で30分で行ける立地で自然も豊か、家賃相場もこのくらいなので、自然好きの方にとってはかなりバランスの取れたエリアなのではないでしょうか。

南河内郡の大阪を代表する山「金剛山」

大阪と奈良の間にあり、アクセスも良好な「金剛山」。関西に住む、登山好きの方なら誰しもが一度は登ったことがあることでしょう。日本二百名山にも名を連ね、春は桜、秋は紅葉と、1年を通じて楽しむことができます。

近くに住めば、大阪平野と奈良盆地・大阪府最高峰の金剛山が360度一望できる大パノラマを気軽に楽しむことができます。

それでいて、大阪市内からは車や電車で約1時間というアクセスの良い場所にあるので、この移動時間を許容できるなら、とても素晴らしい自然に囲まれた生活を手にすることができるでしょう。

「金剛山」へのアクセス

河内長野駅前バス停から南海バス「金剛山ロープウェイ前行」に乗車。 途中の「金剛登山口」(約26分)か終点の「金剛山ロープウェイ前」(約36分)にて下車。

「金剛山」の周辺情報

金剛山があるのは、大阪府千早赤阪村という大阪府で唯一の村。そして魅力は金剛山だけではありません。日本の棚田百選に選定された下赤阪の棚田や、金剛山から湧き出る清流。夜になれば、満天の星空など、自然豊かな環境に恵まれています。

ただし、千早赤阪村には鉄道が一切走っていません。一見不便に感じるかもしれませんが、代わりに金剛バスや南海バスが村のほぼ全域を走っているので移動手段に困ることはないでしょう。

バスを使えばどこにでも行けますし、車をお持ちの方であれば、1時間ほどで大阪市内に入れます。多少の交通の不便さよりも、素晴らしい自然に触れられる幸福度のほうを重視したいと感じられる方にとっては、最高の住環境なのではないでしょうか。

まとめ

南海沿線の自然が多く、住みやすいエリアをピックアップしました。これから移住を考えている自然好きな方にとって、南海沿線は魅力的なスポットがたくさんあると思います。

自然に囲まれながら、のびのびと子育てをしたいという方は、ぜひ移住先探しに本記事を参考にしていただけたら幸いです。

関連の記事

  • ○

    電車でサンタさんに会える!クリスマス特別ツアーレビュー

  • ○

    子どもと一緒に南海沿線で遊ぼう!12月の子育て情報~大阪狭山・金剛編~

  • ○

    子どもと一緒に南海沿線で遊ぼう!12月の子育て情報~泉北編~

  • この記事のクリエイター

    なんかいくらし編集部
    なんかいくらし編集部

    「なんかいくらし」編集部です。 南大阪・和歌山を中心とした南海沿線のお出かけスポット、子育て情報、観光、ランチスポットなど、暮らしのお役立ち情報を発信していきます!

    「なんかいくらし」編集部です。 南大阪・和歌山を中心とした南海沿線のお出かけスポット、子育て情報、観光、ランチスポットなど、暮らしのお役立ち情報を発信していきます!