なんかいくらし

電車でサンタさんに会える!クリスマス特別ツアーレビュー

記事
まなみ
まなみ
watch 2023.1.5

初めまして。和歌山市移住1年目、電車が大好きな小学1年生と年少の母、まなみです。

突然ですが「めでたいでんしゃ」ってご存知ですか?

和歌山県の紀ノ川駅~加太駅を結ぶ南海電鉄 加太線。加太までの鉄道旅行の「楽しみ」とさかなの町への「期待感」を抱いてもらうために「加太さかな線」という愛称がつけられています。そしてこの「加太さかな線」を走っているのが「めでたいでんしゃ」なのです。

さらに今回は、クリスマス特別ツアーということで、めでたいでんしゃにサンタさんが来るということで参加してきました。

特別ツアーって何が特別なの?

めでたいでんしゃは一番奥から水色の「かい(父)」、ピンク色の「さち(母)」、赤色の「なな(子ども)」、黒色の「かしら(叔父)」とでんしゃの家族です。普段は別々に泳いでいる家族が、クリスマスに大集合し4つのめでたいでんしゃが8両1編成になるのです。
年に1度の貴重で特別なお姿なので、電車好きにはたまりません。

2022年12月24日㈯10:00〜10:30和歌山市駅前集合で受付を完了させます。
ここで南海電鉄のノベルティがもらえます。
ホームに到着すると目の前には乗車する「めでたいでんしゃ」がどど~んと、停車しているではありませんか。

さっそく乗車します

指定の車両に乗車します。私たちは先頭車両の「かい」に乗車しました。
なんと、クリスマスということで車内にはクリスマスツリーが!気分が盛り上がってきます。

各車両に担当のお兄さん、お姉さんがいて、本日のツアーの説明をしてくれます。

南海電鉄のクイズ大会が始まりました。
皆さんはわかりますか?挑戦してみてください。
「南海電鉄の全ての駅を合わせると100駅である。〇か×か。」ちなみに息子は〇を選択したようです。正解は〇です。「和歌山大学前駅」が100駅目だそうです。息子大正解に自慢げでした。
クイズは全5問です。全部正解するとプレゼントがもらえました。

南海電鉄とすみっコぐらしがコラボしたマスコットです。我が家は4問正解だったため残念ながらゲット出来ず。間違えた問題が「道頓堀のグリコの看板の上げている足はどっち?右足なら〇左足なら×」わかりますか?答えは×の左足です。

ついにサンタさんとご対面

泉佐野駅で途中停車しサンタさんの到着を待ちます。

ついに、サンタさんが乗車してきました。「かい」のサンタさんは、岸和田駅の駅長サンタさんです。あえて駅長さんということを、公表しているのが面白いですよね。乗客ひとり、ひとりにプレゼントが配られました。

娘のプレゼントには「なな」の缶バッチとメリークリスマスの缶バッチとラムネのセットでした。缶バッチは「さち」「かい」「なな」「かしら」の4種類があるようで、全てをコンプリートしたくなってしまう可愛さです。

大盛り上がりのサンタさんとのジャンケン大会がスタート。勝者5名には、サンタさんから特別なプレゼントがあるということで、真剣そのものです。1回戦目は娘が勝ったようです。

勝者5名へのプレゼントは「めでたいキャンディー」でした。(ちゃっかり母が勝ちゲット)勝ち負けの世界なので、負けて悔しくて泣いてしまう子もいたり、皆さん子連れと言うこともあり、あたたかく見守っている環境が良いなと思いました。

なんば駅に到着

あっという間になんば駅に到着です。楽しい旅はあっと言う間に終わってしまいますね。約1時間20分ほどの乗車で、クイズにプレゼントやジャンケン大会と盛りだくさんの内容でした。

なんば駅ではめでたいでんしゃのお披露目会ということで、たくさんの方がホームで到着を見届けてくれました。普段見ることの出来ない、さちとかいの連結部分をパシャリと撮影。なんば駅のお披露目会では、全ての車内が開放され自由に乗り降りすることが可能です。

昨年も開催されていたクリスマス特別ツアーですが、当時大阪在住だった私は、参加を断念。12時10分頃から始まる、なんば駅でのお披露目会のみ参加しました。今では和歌山在住のため、めでたいでんしゃによく乗車しますが、昨年お披露目会でめでたいでんしゃを見られた時には、子どもと感動して興奮冷めやらぬ状態でした。ぜひ、お披露目会だけでも行く価値があると思います。そして、今年は貝塚駅でも停車し、外だけですが、撮影を楽しめたようです。

来年も開催するの?

来年も開催するかは、お楽しみなのですが、インスタの「なんかいくらし」のアカウントでイベント開催の情報が随時投稿されていますので、そちらをこまめにチェックしていただけると良いと思います。

クイズやプレゼントなどの企画もあり、あっという間の1日でした。電車が好きなお子さまなら、楽しめること間違いないです。私たちは、来年も行きたいね、と話していました。

今回のツアーの行程も投稿から見ることができます。今後も楽しいイベントが目白押しなので、ぜひチェックしてみてください。そして、加太さなか線に、乗ってみてください。

関連の記事

  • ○

    子どもと一緒に南海沿線で遊ぼう!12月の子育て情報~大阪狭山・金剛編~

  • ○

    子どもと一緒に南海沿線で遊ぼう!12月の子育て情報~泉北編~

  • ○

    子どもと一緒に南海沿線で遊ぼう!12月の子育て情報~河内長野編~

  • この記事のクリエイター

    まなみ
    まなみ

    子どもが鉄道が大好きなので
    鉄道旅をメインに発信しています!
    和歌山市に今年移住し、山と海に囲まれた
    自然豊かな環境で過ごしています
    南海沿線での子育ての魅力も発信中

    子どもが鉄道が大好きなので
    鉄道旅をメインに発信しています!
    和歌山市に今年移住し、山と海に囲まれた
    自然豊かな環境で過ごしています
    南海沿線での子育ての魅力も発信中