なんかいくらし

りんくう公園は子供向け?デート向け?遊具や海・カフェなどを紹介

記事
桃原 花奈
桃原 花奈
watch 2022.8.23

泉南市在住、子育て7年目ママのばるかなです。

「りんくうタウン=アウトレットモール」というイメージの方も多いと思いますが、それだけではありません。確かに西日本最大のりんくうプレミアムアウトレットが有名ですが、となりのりんくう公園には、子供向けスポットからデートスポットまで、いろいろな魅力が詰まっています。

そこで今回、子どもと一緒にりんくう公園に行ってきたので、楽しめるおすすめルートなど、りんくう公園の魅力を紹介していきたいと思います。

生き物全般大好きな娘は、生き物を捕まえることが大好き。りんくう公園で遊ぶとなると、水辺の生き物や昆虫がいるのを知っているのでワクワクしていました。

 

【持ち物】

汗拭きタオル、体拭きタオル、着替え一式、飲み物、おやつ、日傘、小さい網(なければ、シークル内セリアで購入できます)

りんくう公園へのアクセスは?車で行く際の駐車場は?

電車の場合

南海空港線  :りんくうタウン駅から北西300m

JR関西空港線:りんくうタウン駅から北西300m

※南海線・JR線ともに同じ駅です

私たちは10時に家をでて南海電車にのり、10時半ころりんくうタウン駅につきました。

駅から直結のスロープがあり、ここから、りんくう公園、シークル〜アウトレットまで繋がっています。今回はりんくう公園の方へ歩いていきます。

どんどん歩いていきます。この時点で汗が出てきました…

少し歩くと、右手に道があって、奥まで進むと公園事務所があります。

車の場合

阪和自動車道:大阪方面→泉佐野JCTから泉佐野出口より一般道約5分

湾岸線   :大阪方面→泉佐野南出口より一般道約5分

駐車場は

第一駐車場:シーサイド緑地エリア:73台

第二駐車場:シンボル緑地エリア :60台

駐車料金:入車~1時間利用時間帯 平日/土日祝日

入庫~1時間まで                              210円/310円

1時間超~2時間まで         410円/410円

2時間超~3時間まで                       640円/640円

3時間超~4時間まで                      760円/760円

4時間超~5時間まで                      880円/880円

5時間超~6時間まで                      1,000円/1,000円

6時間超~7時間まで       1,130円/1,130円

7時間超~8時間まで                     1,130円/1,230円

8時間超~24時間まで      1,130円/1,330円

りんくう公園内のシンボル緑地から散策スタート

シンボル緑地内にある公園管理事務所に寄ってみます。午前9時から16時までカブトムシを展示しているようです。※調べてみると8月10日(水)をもって終了していました。開催中の各種イベントはりんくう公園のイベントページにのっています。

りんくう公園イベントページ

ここでママたちに朗報!なんと、遊び道具を持っていかなくても、事務所内で水鉄砲や砂遊び道具をかしてもらえます。しかも無料で。

シンボル緑地内の内海で大はしゃぎ!

11時15分、シンボル緑地内の内海に到着。さっそく水鉄砲で遊ぶ娘です。

雲行きが怪しくなり、遠くで雷がゴロゴロしていますが、お構いなしに遊ぶ娘と私。

「着替えもってきてないからかけんといてー」の声が響き渡りながら、私も水鉄砲をもって娘をおいかけまわしました。私も着替えもってきたらよかった…と反省。

砂遊びの定番のお山をつくったり、泥団子をつくったりしました。りんくう公園には巻貝がたくさん落ちているので、飾りつけに利用しました。巻貝で足をけがしないようにマリンシューズがあればいいと思います。

気づけばもう13時!どうりでお腹もすくわけです。急いで撤収準備にとりかかりました。

トイレに足洗い場が併設されています。ここで足を洗ったり、道具を洗ったり、隣のトイレで着替えたりしました。

りんくう公園はここで退散します。雨にも降られなくてよかった。

たくさんの自然があり、植木も綺麗にされているので、セミやチョウ、トンボなどもいましたし、水辺の生物、昆虫など命に触れ合うことができました。虫好きのお子さんなら、虫取り遊びをしても楽しめます。

管理事務所とは別で公園近くにも建物があり、自動販売機、トイレや授乳室もありました。授乳室は簡単な作りですが、清潔に保たれていて好印象です。

シーサイド緑地方面へ無料のレンタサイクルでGO!

さて、管理事務所で借りたものを返却し、次はレンタサイクルを借りました。これも16時までに返せば、何時間でも無料です。

シーサイド緑地方面へレッツゴー。

シンボル緑地からシーサイド緑地までは、歩いていくと15分くらいかかります。海沿いの遊歩道を通るので、海がすぐそばでとても気持ちがいい散歩コースです。

りんくう公園近くにはカフェやフードコートなどもあり!

その前にまずはりんくうプレジャータウンシークルで腹ごしらえ。たくさんのレストラン、フードコートがあるので小さいこどもでも食べやすいものがたくさんあります。いくつか周辺のカフェやレストランをご紹介すると、、、

・カフェ空音

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝕥𝕒𝕖𓂃𓈒✻(@taecchi_1108)がシェアした投稿

・キッチンガーデンMARU

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キッチンガーデンMARU【公式】(@kitchengardenmaru)がシェアした投稿

・にし川

・KUA AINA

・スノーピーク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ibumaruMT(@ibumaru_mt)がシェアした投稿

・韓国料理PEP

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuki Kitai(@yukichan.19730404)がシェアした投稿

・リストランテ アパパーチョ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tenのグルメ(@ten_gurume)がシェアした投稿

マーブルビーチは白い玉石と青い海がキレイでデートにぴったり

14時。ご飯を食べて、クールダウンした後はサイクリング。海沿いの道を走れるコースがあります。歩行者だけなので、自転車に乗り始めた子どもも安心して自転車を楽しむことができます。木漏れ日の中を走り、海を見ながら走ると、いい風が吹いて気持ちよかったです。

道をまっすぐ走って、マーブルビーチにやってきました。ここは砂浜でもなく、砂利でもなく、大理石の玉石が敷き詰められているビーチです。海も透き通っていて、本当に大阪の海?って感じがしますよね。海の近くまでいって、石投げ大会をしました。運がいいとカニがみつかるかも?

マーブルビーチからの夕日は「日本の夕日百選」に選ばれています。カップルデートにおすすめスポットです。

シーサイド緑地には無料バーベキュースポットもあります

マーブルビーチの指定区域(ボードウォークより南側)にはバーベキュースポットがあります。それもなんと無料!

第一駐車場に入って左側からBBQ可能エリアとなります。炊事場・炭捨て場、トイレも完備されています。

春頃から、人気になってきます。友達と家族と楽しんでくださいね。予約制ではないので、土日祝日はいっぱいになっちゃうかも!?気持ちよく楽しむため、ゴミなどは持ち帰ったりマナーは守りましょう。公園を出ると近くにファミリーマート、セブンイレブンもありますので買い忘れたもの、足りないものを調達できます。キャンプはできないのでご注意を。可能エリアや注意事項などは公園のホームページ情報をご確認ください。

バーベキューのご案内

りんくうプレミアム・アウトレットの横を通過!お買い物に立ち寄ってもOK

15時。「そろそろもどろうかー」ということで、来た道をひきかえしました。アウトレットの横を通って帰ります。

こちらのアウトレットには約250店舗が揃い、デート時にはショッピングも一緒に楽しめるのが魅力的ですよね。

デートにぴったりの映えスポット

りんくう公園に戻ってきました。フォトスポットがあり、携帯を置く台が準備されているので、記念撮影をしました。デートにもぴったりの映えスポット。LOVE RINKuとか、恋人の聖地とかいわれています。

帰り道を行くと、アイスパークにでてきました。

広々とした芝生エリアや、ドッグラン、奥にはアイススケート場もあります。暑さがおちついたら、ここでピクニックもいいなーと思わせるしずかな公園です。時々こちらでイベントもされているようです。

広い芝生、ドッグランや、小さいお子さん向けの遊具があります。

自転車を返すころには16時になっていて、1日よく遊んだー!という満足感がありました。駅まで歩いて、帰宅の途につきます。

りんくう公園周囲には魅力的な施設がいっぱい‼

1.りんくうプレジャータウンシークル

シンボルは観覧車‼室内遊び場やフードコート、飲食店もたくさんあります。雨だった場合に過ごしやすい場所です。遊びでたりないもの、忘れたものがあれば、こども用品を購入できるお店もあって、安心です。

2.りんくうアイスアリーナ

3.アクアイグニス

4.変なホテル

5.泉南ロングパーク

マーブルビーチ前にはグランピングで宿泊も可能です

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Keiko Minese(@kayminese)がシェアした投稿

 

マーブルビーチを望めるエリアには、きれいなグランピングエリアがあります。当然、宿泊も可能な全棟独立型ヴィラタイプホテルです。夕日を見ながらバーベキューをして、そのままラグジュアリーなヴィラに宿泊できるなんて、海外にいるみたいですよね。

素泊まりであれば、9,000円 (税込9,900円)~宿泊可能なようです。出張シェフのバーベキューランチやディナーのプランもあるようなので、素敵な空間で最高の時間を過ごされたい方はぜひご検討を。

公式サイト

予約サイト

西日本最大級アスレチック「ハートスロブ」が!気になる料金は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

都市型アスレチック HEARTTHROB(ハートスロブ)(@heartthrob.sennan)がシェアした投稿

 

マーブルビーチ沿いに、男の子なら興奮間違いなしのアスレチック「ハートスロブ」があります。西日本最大級とのことで、なんと4階層あり、最高部は地上15.5m!100以上のアクティビティが楽しめるとのことです。

アスレチックをはじめ、スケート パーク・サッカーグラウンドなどのスポーツ施設があるので、男の子のお子さんには喜ばれること間違いなしのエリアですね。アスレチックの屋上からは海から空港まで一望できます。隣のアーバンキャンプホテル等で利用できるコラボ割引もあるそうです。

アスレチックの利用料金は、

●60分

一般2,500円/18歳以下1,000円

●90分

一般3,750円/18歳以下1,500円 ※身長125cm以上~

※12歳以下及び、身長140cm未満の方は付き添いが必要です。付き添いの方も利用料金がかかります。

となっています。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

泉南りんくう公園ロングパークでは花火大会やイベントが盛りだくさん

泉南りんくう公園ロングパークでは夏になると花火大会があり、ほかにも年中、さまざまなイベントを実施しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masa Sugi(@hirosanphoto72)がシェアした投稿

 

例えば、

・海辺の夜市

・マラソン大会

・ビーチヨガ

・いちご摘み&クレープ作り体験

・スポーツフェスティバル

・キャンドルナイト

・花火大会

などなど。イベントが盛りだくさんで、1年中楽しめます。また年齢層も小さいお子さまから大人のデートまで、幅広い人たちが楽しめるイベントだと思います。

イベントの詳細情報はイベントお知らせページをご覧ください。

りんくうタウンは買い物以外でもまた来たい!

今回、小学生の目線になっていますが、りんくう公園の穏やかな海で、1歳ころの子どもから楽しめる場所です。日陰のベンチもあるので、お弁当を持ってきて、そこだけで一日過ごせる場所でもあります。半日は水遊びをして、子どもが寝た後、ママはアウトレットで買い物もいいかもしれません。

一日時間があるなら、シークルにはスーパー銭湯、アイスパーク側にはアクアイグニスという温泉もあり、家族でゆっくり過ごせます。

改めてりんくうタウンを知ると、買い物以外でまた来たいと思うようになりました。子育て世代のママやデート世代の若者、夫婦、お年寄り、どんな年代の方でも楽しめると思います。

ぜひりんくうタウンに遊びにきてくださいね。

イベント情報はこちらから↓↓

今回のりんくうタウンおすすめルートをおさらい

10時半:りんくうタウン駅着

11時:公園事務所にて昆虫やミニタッチプールを見学

11時15分:りんくう公園に到着、水遊び開始

13時10分:自転車を借りて、シークルへ

13時15分:昼食

14時:海辺サイクリング開始

14時20分:マーブルビーチ到着、石投げ大会

15時:管理事務所へ向かいだす

15時30分:りんくう公園フォトスポットで記念撮影

16時:自転車返却

16時15分:りんくうタウン駅へ

関連の記事

  • ○

    OMO関西空港(おも) by 星野リゾートに宿泊!!

  • ○

    河内長野の子育て環境を知ろう!河内長野市役所の方にインタビューしてみました

  • ○

    「OMO関西空港(おも) by 星野リゾート」の夕朝食付き宿泊券プレゼ...

  • この記事のクリエイター

    桃原 花奈
    桃原 花奈

    泉州地域で助産師をしています。日々、ママやこどもに関わらせてもらっています。
    南海沿線は魅力的な場所がたくさんあるので、ママとこどもがお出かけしやすい場所を紹介していきます。よろしくお願いします!

    泉州地域で助産師をしています。日々、ママやこどもに関わらせてもらっています。
    南海沿線は魅力的な場所がたくさんあるので、ママとこどもがお出かけしやすい場所を紹介していきます。よろしくお願いします!