なんかいくらし

秋の関西サイクルスポーツセンターを満喫しよう

記事
桃原 花奈
桃原 花奈
watch 2022.11.15

南海電鉄地域発見クリエイターズ課のばるかなです。秋といえば??紅葉の秋。食欲の秋。スポーツの秋。小学校2年生の娘が、土日になると「連れて行ってー。」と言い出す、今一番行きたい場所があります。

そこで今回、スポーツの秋‼ということで、河内長野市にある、娘が毎週のように行きたがる関西サイクルスポーツセンターで体を動かして遊んできました。関西サイクルスポーツセンターは自転車がテーマのエンターテイメントパークです。まだまだ日中は過ごしやすい陽気。レッツ‼コギコギ‼エクササイズ‼

関西サイクルスポーツセンターまでのアクセス

公共交通は南海高野線の河内長野駅。そこから南海バスに乗って25分程で到着する場所にあります。
自動車で170号線を走って行くと到着します。駐車場は1,000円です。

リスのキャラクターのリッキーとリンリンがいろんな所で出迎えてくれます。正面玄関には本物のリスとコールダックが!ちょっと動物がいるだけでもうれしいですよね。

サイクルリュージュ

入ってすぐのアトラクションが、このサイクルリュージュ。330mの斜面を、ソリのようなものに乗って下っていきます。ハンドルでスピードの調節ができるちょっと難易度があるアトラクションです。

待っている時に、コースをみてみると、大人でも少しドキドキ。

ヘルメットをかぶって、準備をします。
一人乗り用と二人乗り用があり、小さい子どもは大人と乗る感じでした。私たちは一人用に乗り込みます。

スタート前の説明をうけて、、、さぁ出発です。

娘は少し怖がりながら降りていきます。後ろが詰まってないかヒヤヒヤ。あっという間にゴールまで、たどりつきました。滑ってみるとスピードがでてちょー楽しい~。

サイクルコースター

次に進んだのが、小さいコースターです。大きな上り下りもないのでコースターデビューにいかがですか?コースター苦手な娘も楽しかった♪と喜んでました。

~ここで昼休憩~

関西サイクルスポーツセンター内には、レストランが1ヵ所、テイクアウトショップが2ヵ所、バーベキューテラスもあります。ところどころに、テーブルや椅子、休憩所があるので、席がなくなって困ることはなさそうです。室内にも、もちろんありました。お弁当などの持ち込みも大丈夫なのでピクニック気分が味わえます。

キッチンカーのクレープ屋さんもありました♪

サイクリングコース

食べた後は、サイクリング。1周3km約15分。上りあり、下りありのコースです。

たくさんの自転車の中から好きな一台を見つけましょう☆

クロスバイク、マウンテンバイク、ママチャリ、電動付自転車などたくさん種類がありました。

パーク内を回るコースは思った以上にアップダウンがあるコースで、こぎ始めてすぐに体がポカポカに。娘は坂道が登れなくて悪戦苦闘中です。

秋を感じながら、紅葉もあり、栗が落ちていたり、色々な種類のどんぐりもありました。

下りの風がすごく気持ちよくて、適度な疲労感ととても心地いい感じがしました。

ところどころに休憩ポイントもあります。自動販売機もあるので安心です。

シティサイクルを選んでしまった私…クロスバイクみたいなのにしたらよかったと反省。
娘もかわいい自転車で頑張りました。娘は早々に上着を脱いでヘルメットの中まで汗まみれ。普通は1周15分の所、上り坂に時間がかかり、45分もかかってしまう結果に。2周目は頑張って20分くらいでゴールできました。

バンパーボート

夏にはプールになる場所で、土日祝限定で、水の上を進んだり回ったりするアトラクション。
子どもって、水が好きですよね…。

変わり種自転車

関西サイクルスポーツセンターといえば?というくらい大人気なのが変わり種自転車‼ここに来なくては、関西サイクルスポーツセンターに行ってきたといえないくらいです。
約800台の変わり種自転車があります。

「うわ~。どれにしようかな‼」
とキラキラした目で自転車を見つめる娘。
一人乗りから四人乗りくらいまでの自転車がたくさんあります。
これは、大人も楽しむしかないでしょう♪

 

何台乗ったのかわからないくらい、色々な自転車に乗りました。
もう足がパンパン。1時間くらい遊びました。

スカイサイクルウォーカー

最後に乗ったのが、高さ8mの空中をガタガタ揺れながら進むアトラクション。揺れてます。

番外編

自転車に乗れない小さなお子様でも、園内を楽しめることができます。

小さいアスレチックの遊具がありました。

コンビカーやペダル無し三輪車で、小さい子用のコースで遊ぶことができます。

なんと動く恐竜がいます。
恐竜が好きな子はテンションあがりますよね。

園内のあちこちにトイレがあり、安心。トイレの中には、オムツ替えベッドもありました。

授乳室もあり、個室になっていました。

まとめ

体を動かしながら楽しめるアトラクションや、大人も童心に帰れる自転車がたくさんあり、いい運動といい汗をかきました。娘は「もっと遊びたい。」という感じで、一日いても飽きません。

価格は、
フリーパス付きで大人(中学生以上)3,000円 
こどもA(3歳以上小学生まで身長110cm以上)2,700円 
こどもB(3歳以上小学生まで身長110cm未満)1,900円
シニア(60歳以上)2,200円
で、たくさんのアトラクションに乗れました。
キャンプエリアもあって、バンガローやコテージでお泊りすることもできます。
夏にはプールもあり、まだまだ遊び足りない感じでしたが、それは次回の楽しみにします。
秋口のお出かけにいかがですか。レッツ‼コギコギ‼エクササイズ‼

 

※秋の関西サイクルスポーツセンター 公式HP:http://www.kcsc.or.jp/

関連の記事

  • ○

    大きい公園で子供を思い切り遊ばせたい!南海沿線の公園広さランキング

  • ○

    光滝寺キャンプ場で川のせせらぎを聞きながらBBQ〜初心者にもおすすめな...

  • ○

    堺市立ビッグバンの魅力解説|料金は?対象年齢は?混み具合は?

  • この記事のクリエイター

    桃原 花奈
    桃原 花奈

    泉州地域で助産師をしています。日々、ママやこどもに関わらせてもらっています。
    南海沿線は魅力的な場所がたくさんあるので、ママとこどもがお出かけしやすい場所を紹介していきます。よろしくお願いします!

    泉州地域で助産師をしています。日々、ママやこどもに関わらせてもらっています。
    南海沿線は魅力的な場所がたくさんあるので、ママとこどもがお出かけしやすい場所を紹介していきます。よろしくお願いします!