なんかいくらし

\日帰り/〜OMO7大阪 by 星野リゾート〜贅沢ビュッフェを堪能して家族で大阪文化を楽しもう!!

記事
森津 結
森津 結
watch 2023.8.16

こんにちは!地域発見クリエイターズ課の森津です。
ニューオープンや話題のスポットが大好きで、すぐに足を運んじゃうわたくし。
家族で夕食ビュッフェを堪能しながら、大阪文化を楽しめる…おも(OMO)ろすぎるスポットに行ってきました!!
しかもそこは、なんと…あの星野リゾート!?

OMOって?? by 星野リゾート

星野リゾートの街ナカホテル「OMO(おも)」
旅先の、その土地ならではの魅力をおもしろく発信している新感覚ホテルです。
OMOが位置するのは、北海道から沖縄まで、日本全国。ただし、地域の魅力がたくさんつまった都市部にのみ存在します。
近畿にも複数のOMOがありますが、今回は大阪観光に最適の「OMO7大阪by星野リゾート」へ行ってきました!

※ちなみに、OMOのうしろにある数字はサービスの幅を示しているとか…

「OMO7大阪」は最高ランクの”7″‼︎
足を運んでみて大納得。本当にサービスが豊富で、楽しい時間を過ごすことができましたよ。

OMO7大阪

観光に最適な立地の為、大阪府外や海外からの観光客の方々に大人気の「OMO7大阪」
大阪府民でも知らない、地域のディープな魅力や、最新の情報を発信しているので、大阪府民でもワクワクすること間違いなし!
ホテルステイはもちろん、”OMOダイニング”や”OMOカフェ&バル”でのお食事利用のみも可能です。

幅約6m、高さ約4mの「ドでかOSAKAボード」

壁一面に観光スポットが描かれている「OSAKA ボード」があるお部屋「いどばたスイート」

【OMO7大阪 by 星野リゾート】
〒556-0003 大阪市浪速区恵美須西3丁目16番30号
Mapcode: 1 225 619*87
Official:OMO7大阪 by 星野リゾート【公式】

⚫︎南海電鉄「新今宮」駅北出口より右手目の前
⚫︎JR「新今宮」駅東出口より左手目の前
⚫︎大阪メトロ「動物園前」駅6番出口より左手高架下を抜けて、左手目の前

「いらっしゃ〜い」”OMOベース”

なにわ文化が随所に散りばめられているロビー
通称”OMOベース”

一歩足を踏み入れると、まるで「いらっしゃ〜い」と言われているかのように…一気になにわワールドへ引き込まれます!

OMOベースまでの空間には休憩スペースが設けられていて、待ち合わせにぴったり。
ビリケンさんも笑顔でお出迎えしてくれます。

大阪といえば「たこ焼き」!!
そのたこ焼きをモチーフにしたトンネルを進んでいくと、OMOベースに到着です。
それにしても、こんなアーティスティックなたこ焼き…初めて見ました。笑

アートなデザイン空間には、ゆったりソファが多数あって寛げます。
畳エリアも、赤ちゃん連れにはうれしすぎるスペースですね。抱っこからの解放!!
随所におもてなしの気持ちを感じるホテルです。

“OMOダイニング”で大阪贅沢ディナー

OMOベース内にある”OMOダイニング”では、大阪の食文化をベースに、多種多様なメニューを味わうことができる「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」がディナーとして提供されています。

食事スタイルはビュッフェ形式。大阪のなにわ食材を使用した彩り豊かな料理が並びます。

私は堺市在住なので、いつも食卓に並んで親しみのある泉州の水ナス。ビュッフェではハーブマリネで頂きます。いつもとは違う、水ナスの美味しさを再発見することができました!

“体験する”!?ネオ箱寿司

ビュッフェの他に前菜が提供されます。それがこちらの「箱寿司」です。

大阪の郷土料理である「箱寿司」をアレンジし、酢飯の代わりにバジル風味のポテトサラダとトマトのクスクスが層にして敷き詰められている、全く新しい「箱寿司」。

木枠を自分の手でスライドさせ、寿司を押し出して頂きます。まるで箱寿司”体験”をしているようでおもしろい!みんなで大盛り上がりで頂くことができました。
そして、お魚もとーっても美味しかったです。

出来立てを頂く!豪華すぎるメイン料理

メイン料理には、ライブキッチンで出来立ての「肉吸い」と、「牛肉の鉄板焼き」を頂きます。
こちらの「肉吸い」、私の知っている「肉吸い」ではありませんでした!

お肉はなんと”牛サーロイン”を使用!仕上げには、目の前で削ったカツオ節がふりかけられます。贅沢な”牛サーロイン”が、カツオと昆布の合わせ出汁に包まれ、優しい味となって口いっぱいに広がります。あまりの美味しさに、おかわりもしちゃいました!(メイン料理は、何回でもおかわりできます!)

「牛肉の鉄板焼き」も目の前の鉄板で焼いて頂けます。添えられているバターに赤い何かが練り込まれているのがわかりますか?この赤い物、なんと”紅しょうが”なんです!”紅しょうが”が程よいアクセントとなる、まさに新感覚のステーキ。大阪らしさを感じることができる一品です。

たこ焼き?スイーツ?

ビュッフェにはスイーツやドリンクも種類豊富に並んでいます。

たこ焼きにしか見えないこちらは、「たこ焼きケーキ」です。これには子供たちも大喜び!ついクルっと回したくなっちゃいます。笑

別途ドリンクを注文することもできます。大阪のクラフトビールも2種類用意されています。

“OMOダイニング”で、大阪らしさがたくさん詰まった料理をお腹いっぱい頂くことができました。「この野菜も大阪で作られているんだ〜知らなかった!」と親子で新しい発見も。キッズ・ベビーウェルカムの明るい空間は、ご家族でのお食事にオススメです。

【OMOダイニング ディナー】
営業時間:17時30分〜20時(最終入店)
・大人:7,500円
・小学生:5,200円
・幼児(4-6歳):1,500円
※幼児のお子様はビュッフェのみのご案内
Official:OMOダイニング ディナー | OMO7大阪 by 星野リゾート【公式】

ちょっとお茶しよか”OMOカフェ&バル”へ!

OMOベース内にはカフェもあるので、夜だけでなく、昼も楽しむことができます。
大阪ならではのミックスジュースが飲めたり、”タコチー”(たこ焼きソックリのチーズケーキ)が食べれたりします。
こちらの”OMOカフェ&バル”は、私は関東在住の友人が大阪に来た時に利用しました!友人からは「大阪らしさを感じられて大満足!」とうれしい言葉を頂き、おもてなし大成功でした。

大阪の夏を満喫!〜ガーデンエリア「みやぐりん」〜

OMOベースから一歩外に足を踏み出すと、そこには都会のオアシス「みやぐりん」が広がっています!あべのハルカスを臨みながら、緑いっぱいの芝生でくつろぐことができます。広い空のもと、子供たちが気持ちよさそうに走り回っている姿も、癒されます。
「みやぐりん」では現在、お祭り気分が味わえる!楽しい夏のイベントが開催されているのでチェックしてみてください。

※「みやぐりん」は、ご宿泊者、または館内施設(OMOダイニング・OMOカフェ&バル)の利用者のみが利用できます。

【なにわネオンアート】
通天閣にタコ…大阪を象徴するモチーフがデザインされたネオンが飾られています。
大阪のアートユニット「Neon(ネオン) Yup(ヤップ) Torrid(トリッド)」とコラボした作品です。
⚫︎期間:通年
⚫︎開催時間:19時30分〜22時

【Naniwa風鈴まつり】
240個もの風鈴が吊り下げられた風鈴ロードが登場。
こちらの風鈴は全て「河内風鈴」が使用されています。「河内風鈴」は本来、廃材となる酒瓶や化粧品の瓶などを再利用して作られます。theサスティナブルな風鈴です。また、すべて手作りな為、
厚さや凹凸によって、色々な音色が聞こえてきますよ。
⚫︎期間:2023年6月1日〜8月31日
⚫︎開催時間:終日

【PIKA PIKAファイアワークス】
ホテルの真っ白な壁面に、花火が打ち上がります!!しかも花火を打ち上げてくれるのは、あの!スペシャルゲストです!(ページの最後にヒントがあります〜〜)
⚫︎期間:通年
⚫︎開催時間:19時45分/20時15分/20時45分/21時15分/21時45分

なんと!?日帰り豪華ビュッフェをプレゼント!

現在、なんかいくらし公式instagramでは、”OMO7大阪by星野リゾート日帰り夕食ビュッフェ”が抽選で当たるキャンペーンが実施されています!!

【賞品・当選者数】
『OMO7大阪by星野リゾート日帰り夕食ビュッフェ』(1組4名様まで)を合計7組様にプレゼント!

【Instagramの応募方法】
●なんかいくらし「@nankaikurashi」をフォロー
●こちらの投稿 に「いいね!」
※リポストやストーリーシェアも大歓迎です。

【Twitterの応募方法】
●なんかいくらし「@nankaikurashi」をフォロー
●こちらの投稿 に「いいね!」&リツイート

【応募期間】~2023年8月31日(木)23:59

“OMO7大阪”は、観光客のみならず、大阪府民でも知っているようで知らない、新しい発見を提供してくれます。そして、そのおも(OMO)てなしに感動する魅力たっぷりの場所でした!!
ぜひご家族で、おも(OMO)ろい大阪文化を堪能してきてください!!きっと、今まで以上に大阪が大好きになりますよ。
スペシャルゲストも待ってます〜〜!

関連の記事

  • ○

    関西サイクルスポーツセンター🚲 バンガロー宿泊券&BBQ体験プラン🏕️...

  • ○

    京町湯屋SOKOTOTO入館チケット♨️プレゼントキャンペーン🎁

  • ○

    南海電車グッズ🚃プレゼントキャンペーン🎁

  • この記事のクリエイター

    森津 結
    森津 結

    堺市在住10年目の2児の母です。移住者ママ視点から、子供も大人も楽しめるお出かけ先を発信していきます。アウトドアブームに乗り、家族でキャンプにはまっています。

    堺市在住10年目の2児の母です。移住者ママ視点から、子供も大人も楽しめるお出かけ先を発信していきます。アウトドアブームに乗り、家族でキャンプにはまっています。