なんかいくらし

大きい公園で子供を思い切り遊ばせたい!南海沿線の公園広さランキング

記事
なんかいくらし編集部
なんかいくらし編集部
watch 2022.11.16

大阪府内でも自然豊かな街が多い南海沿線。子育てのことを考えたら、周辺の公園事情は重要ですよね。

そこで南海沿線にはどんな公園があるのか調べてみました。また今回は、公園の広さにフォーカスをあてて「南海沿線の公園広さランキング」の形式で発表していきたいと思います。

第10位:鴨公園(高石市)約7.1万㎡

高石市にある鴨公園が10位にランクインしました。こちらは公園内に総合体育館もあり、スポーツがしたいという親子にぴったりの環境です。

また公園内には「鴨広場」と呼ばれるエリアがあり、大型遊具もあるため、幅広い年代のお子さんが楽しむことができます。体育館には授乳室もあるので、小さいお子さん連れでも安心ですね。

南海線「高石駅」から徒歩約20分。

第9位:住之江公園(大阪市住之江区)15.3万㎡

住之江公園は花と緑が多く、四季折々の違った景色を見せてくれる公園です。ほかにもテニスコートや野球場、球技広場、屋外プールなどがあり、スポーツをしに訪れる方も多いです。

もちろん小さなお子さん向けの施設も充実していて、児童広場や砂場、遊具、すべり台などは子供たちに大人気です。

南海線「住ノ江駅」から徒歩約19分。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

亀井雄太(@kamei.yuuta28)がシェアした投稿

第8位:りんくう公園(泉佐野市・田尻町)19.1万㎡

りんくう公園の魅力はなんといっても海に面するロケーション。海に沈む夕陽や、関西国際空港から大空に飛び立つ飛行機を眺めるだけで癒されます。また近くには巨大なアスレチックスペースや、カフェテラス、バーベキュー場、グランピングエリアなど、若者にも人気のスポット。

お子さんとアスレチックで遊んでランチにはバーベキューを楽しみ、夕日を見て帰るなんてプラン、最高ですよね。また近くにはりんくうプレミアム・アウトレットがあります。お買い物ついでに散策をする人も多いみたいですよ。

南海空港線「りんくうタウン駅」から徒歩約6分。

第7位:天王寺公園(大阪市天王寺区)約28万㎡

天王寺公園の魅力はひとことで言うなら立地の良さ。天王寺動物園やショッピング施設も隣接しているため、公園以外にも楽しめるところがたくさんあります。

もちろん公園自体も魅力的で、芝生の広場は約7,000㎡とかなり広いです。また、子供の遊び場(有料)、総合ペットサービス、フットサルコート、コンビニエンスストアなど、都市の中にありながら自然に触れることができる、くつろぎの場です。

南海線「新今宮駅」より徒歩約10分。

第6位:サカイキャニングスポーツパーク(橋本市)28.3万㎡

第6位は和歌山県橋本市にある公園です。ここの魅力は自然豊かな環境と、広いプール。お子さま用のカエルスライダーや流水プール、擬岩ブリッジ、滝エリアなど、かなり広いにもかかわらず、市営とあって利用料はリーズナブル。2022年時点では大人は900円、小中学生は450円、幼児は無料で楽しむことができます。

またプールだけでなく、アスレチックやグラウンド施設まであり、小さなお子さまから、小学生、中学生など、幅広い年代の子が楽しむことができます。

南海高野線「橋本駅」より徒歩約22分。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nakamura Koshi(@nakamura.koshi)がシェアした投稿

第5位:ハーベストの丘(堺市)約35万㎡

大阪堺にある、体験型農業公園「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」は広さ35万㎡。夏はひまわり、春は菜の花、秋はコスモスと広大な花畑が広がります。

また、羊やうさぎなどとふれあえる広場は小さなお子さまに大人気。ほかにも様々な体験が出来る教室もあります。食べ物もソーセージやプリン・ヨーグルトなど、自家製品が豊富に揃っているので、お子さんから大人まで楽しめる公園です。

南海高野線「なんば駅」より「泉北高速鉄道 和泉中央行」にて「泉ケ丘駅」までいき、南海路線バスにて約22分。

第4位:大仙公園(堺市)38.5万㎡

仁徳天皇陵古墳と履中天皇陵古墳の間に位置し、芝生広場や日本庭園などもある緑豊かな公園です。

38万㎡もあるので、1日では回りきれません。日本庭園や写真映えするモニュメント、売店などもあり、何度行っても新しい楽しみ方を発見できそうです。

南海高野線「堺東駅」から南海バスに乗り継ぎ「大仙公園西」下車徒歩約5分で着きます。

第3位:二色の浜公園(貝塚市)41.1万㎡

第3位は海のアクティビティー好きには特におすすめの「二色の浜公園」がランクインしました。公園のシンボルともいえる、帆船マストのモニュメントが青空に映え、白い砂浜と海風がとにかく気持ち良いです。また、関西中心部から一番近い海水浴場なので、夏場は多くの人でにぎわいます。

海辺でのバーベキューや、SUP、カヌー体験、潮干狩りなども人気で、自然と触れ合える最高の環境です。

小さなお子さま向けや小学生向けの遊具もありますし、貝を拾うだけでも特別な体験になるでしょう。

南海線「二色浜駅」から徒歩約15分。貝塚駅から「市民の森」行のバス(コスモスライナー)も出ているので安心です。

第2位:浜寺公園(堺市)75.1万㎡

第2位は一気に広くなり、75万㎡の広さを誇る浜寺公園がランクイン。その歴史は古く、1873年に造られた日本最古の公園の一つだそうです。さらに「名松100選」にも選ばれているだけあって、美しい松林には思わず見惚れてしまいます。

小さいお子さまにも喜ばれる施設も充実していて、ジャイアントスライダーのあるプール、交通遊園などが人気です。

また、無料バーベキューエリアもあるので、歴史ある公園でアウトドアを思い切り楽しんでみてはいかがでしょうか。

南海線「浜寺公園駅」から徒歩約3分と駅近なのも高ポイントですね。

第1位:大泉緑地(堺市)101.5万㎡

第1位はとにかく広い、大森林が魅力の大泉緑地です。公園にあってほしい施設もすべて揃っていると言っても過言ではありません。

目的ごとにエリアが分かれており、花壇、大泉池、大芝生広場などの憩いのゾーンは鳥たちの水飲み場となっており、バードウォッチングにも最適。

自転車で楽しめるエリア、自動遊戯エリア(わんぱくランド、海遊ランド、冒険ランド)、桜広場、大芝生広場、野球場、テニスコート、スポーツ広場、球技広場、野外炉(バーベキューやデイキャンプなど)というように、1年中楽しむことができます。

南海高野線「三国ヶ丘駅」から南海バス「北区役所前」下車東へ約650m。

南海高野線「堺東駅」から南海バス「金岡口」下車東へ約700m。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

uchinosanshimai(@jijiko)がシェアした投稿

まとめ

南海沿線の公園を広さランキングでご紹介しました。これから移住を考えている子育て世帯の方にとって、近くの公園は重要ですよね。

特に南海沿線は大阪府内でも自然豊かなエリアが多いです。移住後も家族で快適かつ楽しい暮らしを送っていくために、ぜひ本記事を参考にしていただけたら幸いです。

※本記事は2022年10月時点での情報をまとめています。実際に行かれる際は、変更がないか最新の情報をお調べいただくよう、お願いします。

関連の記事

  • ○

    秋の関西サイクルスポーツセンターを満喫しよう

  • ○

    光滝寺キャンプ場で川のせせらぎを聞きながらBBQ〜初心者にもおすすめな...

  • ○

    堺市立ビッグバンの魅力解説|料金は?対象年齢は?混み具合は?

  • この記事のクリエイター

    なんかいくらし編集部
    なんかいくらし編集部

    「なんかいくらし」編集部です。 南大阪・和歌山を中心とした南海沿線のお出かけスポット、子育て情報、観光、ランチスポットなど、暮らしのお役立ち情報を発信していきます!

    「なんかいくらし」編集部です。 南大阪・和歌山を中心とした南海沿線のお出かけスポット、子育て情報、観光、ランチスポットなど、暮らしのお役立ち情報を発信していきます!